「フェイス/オフ」

幼い息子を非常なテロリスト、キャスター・トロイに殺されたFBI捜査官ショーン・アーチャー。

激しい飛行場での銃撃戦の末、ついにトロイを捕えるが、トロイは昏睡状態に…。しかし、ロサンゼルスを壊滅させる時限式の細菌兵器爆弾を仕掛けていたことが判明し、植物人間となったトロイ以外に爆弾の場所を知るのは、獄中の弟ポラックスだけ。彼は兄のトロイ以外の人間には心を開かない。そこでFBI秘密捜査班はアーチャーを呼び出し、昏睡状態のトロイの顔を剥ぎ、最新技術でアーチャーに移植し、トロイになりすまし、ポラックスから爆弾の場所を聞き出すという極秘任務を言い渡す。必死で狂気の男トロイを演じ、ポラックスの信用を得たアーチャーは爆弾の場所を聞き出す。しかし、昏睡状態から醒め、全てを知ったトロイは保存されていたアーチャーの顔を移植し、アーチャーの極秘任務に関係する人間全てを抹殺。アーチャーの顔を最大限に利用して、自分でしかけた時限爆弾を解除して大手柄とし、FBI内での地位を手に入れ、アーチャーの仕事、家族、人生を奪おうとする。刑務所内ではアーチャーが反乱を起こし脱獄を試みるが…


1997年 アメリカ

「フェイス/オフ」

監督 ジョン・ウー

出演 ジョン・トラボルタ ニコラス・ケイジ



顔を取り替えるという、アイディアは単純におもしろい。

ただ、ショーンのキャラは大嫌いですが、トロイのキャラは大好きです。あのワルぶり。
最初の空港でショーンとトロイが拳銃をつきつけあう、ジョン・ウーお得意のシーンで、話の途中で引き金を平然と引き、カラだとわかるととっさに命乞いをするトロイ、いいですね~!!

そして、爆弾を仕掛けたあと、神父姿で「ハーレルヤ」と唄い、女の尻をわしづかみにして叫ぶ、いいキャラだ。あーいういっちゃているワルは本当にいい!
そして、金のオートマ、2挺。この辺も私は好きですね~。

監督はジョン・ウー。この人はアクションシーンでは本当に私の好きな画を撮る。こういうカメラワークで、アングルで、カット割りで、全部好みの画!
そして冒頭の飛行場でのアクションシーン、銃撃戦の演出はまぎれもなくジョン・ウー!!

ただ、ただ以前記事(http://toridestory.at.webry.info/200608/article_41.html)で書いたトム様程、違和感は感じないが、2挺拳銃はやっぱ周潤發だなぁ~。これは私の頭の中に焼き付いてしまっているので、ど~しようもない!だれがやってもダメ。うまく文章では表現できないが、サマになっていない!周潤發には西洋人にはだせない、表情と仕草に、内から溢れる哀愁を帯びた怒りと同時に美を、旋律を感じる。

話を戻しますが、相変わらず、かなりスロー映像を多様しており、かなりクサイシーンやいただけないショットもありますが、基本的にはそのクササを含めて好きです。
ただ、最後の方、教会での拳銃のスローでのアップは一際、垢抜けない画ですね~。
弾丸のアップも、ここというワンショットでいいと思うのですが、まぁいいか。
あと、ハト。これは勘弁してあげて下さい!

銃撃戦は、ん~、これはそこそこですかね、しかし全体的にアクションはけっこうイケてます。
ただ、私の好みとしては、香港時代のように最後まで激しい銃撃戦でおしてほしかった(似合わないと文句はつけてますが)。アメリカではあのような展開、アクションじゃないとダメなのですかね~。

あと、トラボルタは最初はショーンですのでいいのですが、トロイにかわり、最後ショーンに戻って家に帰ってきても私にはトロイに見えてなりません。子供つれてくるあたりはいいシーンなのですが。逆にニコラス・ケイジの方が、クサイ部分もありますが、表情の変化などはハッキリしていてわかりやすかった。演技力ですかね・・・
トラボルタもトロイの時はいやらしさとキレた感じはいいのですが。でも個人的にはキレた演技も甲乙つけがたいですが、ニコラス・ケイジのが私はいいですね。

設定自体はいいのですが、脚本のデキはハッキリいってあまりよくはないです。やはり単純にアクション映画として楽しむのがいいのでは。

冒頭の哀しいシーンから、その後の哀しみを背負った頭の固い真面目人間が、その哀しみの元をつくった極悪人の顔を移植され、その極悪人になりきらなければならないという悲壮な行動をとり、さらにその極悪人が自分の顔をつけ、自分になりすますという非情なまでの過酷な状況に陥るため、暗い重いトーンが充満してますが、その分トロイのキレぶりが引き立ちます。

2人の俳優が共に善人と極悪人を演じるのも、その結果は別としておもしろい。

個人的な意見としてはトロイのキャラ、当然本人と、善人がそのキャラを演じなければならないという点、つまりトロイのキャラで成り立っている作品。そこに肉付けされたアクション。

難しいことを考えずに、多少のクサさを我慢して、その設定のおもしろさとアクションを楽しみましょう!

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像








この記事へのトラックバック

  • <フェイス/オフ>

    Excerpt: 楽蜻庵から3日ぶりに戻る。 今朝、目覚めて善福寺川の桜はそろそろかなーと窓を開けると、昨日は深夜の帰宅だったので気付かなかったが、アパートの隣にニョキニョキと4軒の家が出現。 たった3日の間のことなの.. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2006-11-22 23:24
  • フェイス/オフ #327

    Excerpt: 1997年 アメリカ 139分 FBI捜査官とテロリスト、二人の顔を取り替えちゃった、そんなことってあるの?と思っていたが、そんなことは気にせずに見て欲しい映画。 顔が変わるのはこういう理由.. Weblog: 映画のせかい2 racked: 2006-11-23 17:52
  • フェイス/オフ

    Excerpt: 【FACE/OFF】1997年/アメリカ 監督:ジョン・ウー  出演:ジョン・トラボルタ、ニコラス・ケイジ、ジョアン・アレン、ジーナ・ガーション 凶悪犯と凄腕FBI捜査官の互いの顔.. Weblog: BLACK&WHITE racked: 2006-11-23 21:40
  • フェイス/オフ

    Excerpt: 初見はかなり前だけど、この作品で、ニコラスケイジとジョントラボルタを詳しく知るきっかけになったような作品です。 アイデアがおもしろい本作品。顔がすり替わるなんてあり得ないけど、そこはご愛敬。 .. Weblog: しーの映画たわごと racked: 2006-11-25 18:56
  • フェイス・オフ [アクション]

    Excerpt: フェイス・オフ フェイス/オフ 特別版ジョン・トラボルタ (2006/01/25)ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 「フェイス・オフ」の詳細を見る Weblog: おすすめ マイベスト映画&DVD racked: 2006-11-26 23:58
  • フェイス/オフ / FACE/OFF

    Excerpt: 1997年に製作されてから来年でナント10年!! 日本では98年公開。劇場で観てからかなり経つんだなぁ。 この二人の顔合わせだった事を思い出して、廉価版で出ているDVD 安すぎるしまた観たくなって今さ.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2006-11-27 17:39
  • フェイス/オフ

    Excerpt: ジョン・トラボルタ、ニコラス・ケイジ共演、お互いの顔を移植した復讐に燃えるFBI捜査官とテロリストの激突を描いたアクションムービー。幼い息子をテロリスト、キャスター・トロイに殺されたFBI捜査官ショー.. Weblog: DVDジャンル別リアルタイム価格情報 racked: 2006-12-15 23:21
  • フェイス・オフ

    Excerpt: ↑amazon.co.jp↑ 予告 オススメ度★★★★★ お気に入り度★★★★★ 1997 アメリカ アクション 監督:ジョン・ウー 出演者:ジョン・トラボルタ、ニコラス・ケイジ.. Weblog: ☆.。.:*Addict。.:*☆-映画ヲタCome on!!- racked: 2007-01-16 01:56
  • フェイス/オフ

    Excerpt: 監督 : ジョン・ウー 出演 : ジョン・トラボルタ , ニコラス・ケイジ , ジョアン・アレン , ジーナ・ガーション 原題 : FACE/OFF 製作 : デビッド・パーマット , バリー.. Weblog: Ossan's Blog racked: 2007-01-29 23:48
  • フェイス/オフ

    Excerpt: 監督 : ジョン・ウー 出演 : ジョン・トラボルタ , ニコラス・ケイジ , ジョアン・アレン , ジーナ・ガーション 原題 : FACE/OFF 製作 : デビッド・パーマット , バリー.. Weblog: Ossan's Blog racked: 2007-02-01 18:31