「パニック・ルーム」

パニック・ルームと呼ばれる部屋。

それは、コンクリートの厚い壁、他とは完全に独立した電話回線と換気装置。そして、家中を映し出すモニターと完璧なまでの防犯システム。その部屋が作られた目的は、たったひとつ、決して誰も侵入させないこと―
3人の強盗に押し入られた母と娘はそのパニック・ルームに身を隠すが、その部屋こそが犯人達の目的の場所だった・・・


「パニック・ルーム」

2002年 アメリカ

監督 デイビッド・フィンチャー
主演 ジョディ・フォスター

ハッキリ言って、期待したほどではなっかた。

予備知識は全くなく、“パニック・ルーム”の意味も作品内で初めて知った。
そのタイトルから怪奇現象系もしくは、謎めいたミステリアスな内容の作品だと思いこんでいた。
ジョディが充電をセットする携帯のアップで、何者かが現れる一晩の出来事だと悟った。知らないというのは恐ろしい・・・

伏線のはり方で、あとで利用するものをアップで撮る、非常にわかりやすい古典的な方法である。
賊が家に押し入るまでの家中を這い回るカメラワークがいいのと、おもしろいと思ったのはオープニング・クレジットの出し方。
あと、誰も入ることができない“パニック・ルーム”に逃げ込むがその部屋こそが犯人の目的の場所であるという点、そして終盤その部屋の内外で立場が逆転する点はおもしろい。

賊の正体が分かるまでがそこそこドキドキさせられたのと、ラストにジョディが犯人のひとりにハンマーで殴れれそうになるときのシーン、カット割りに、結果は想像できたが少しハラハラした。
が、結局はただの泥棒で、あれこれ賊とジョディ親子の攻防、助けを呼ぶ為の行動を描いているが、さほど緊迫感のあるものではない。
家に入り、賊が押し入るまでの間だけは緊迫感を感じるが、それ以外は・・・

また賊が黒人意外はいかにも頭が悪そうで、犯人内の顛末、こいつがこいつに殺され、こいつは最後は親子を助けるのでは、位までは想像がついてしまう。

まぁその辺のオキマリの展開はそれでいいのだが、それと基本的には画(カメラワーク・アングル・カット割り)は悪くない。
が、何故だろうか、全体的にいまひとつ迫力も緊迫感もない。
外の雨も、「アイデンティティ」や「閉ざされた森」の時に感じた恐怖や謎めいた雰囲気をだす効果は感じられない。
やはり全て犯人達のデキの悪さだろうか・・・
なんで、カメラを壊さないのか、この馬鹿どもは!
あと、邸内マイクと紙でのヤリトリは頭を抱えたくなってしまった。
大抵のことは映画的と割り切って楽しむように心がけているのだが・・・・・・・
やはり、先入観をもって鑑賞したことが、そのギャップの失望感から厳しい感想をもったのだろう。

犯人の仲間割れが終始続き、黒人は人のいいのがミエミエに描いているの点が、ジョディ親子が劣勢であると感じさせず、様々な出来事に緊迫感が感じられないのがこの作品の最大のマイナス点であろう。
ただ、娘が糖尿で人質になってからは多少は違ってくるが、それも長くは続かない。

心理的な深い攻防もなく、かといってアクションもほとんど無い。
終盤の本はさほどよいとも思えず、また、ラストの銀行債が風で舞い散るシーンは演出的には理解できるが、やはり今どきはやりすぎというか、画に違和感を感じた。

私は娘がビートルズの曲名をひとりつぶやいているシーンが妙に印象に残っている。

ん~、そこそこ面白く、画も悪くはないのだが、ん~、なんだろう、その~、何か強く感じる点や、ココッというシーンが残らない・・・
繰り返しになるが、ミステリアスな内容を期待して鑑賞した為、現実的なマヌケな犯人達を寛容な気持ちで鑑ることができなかったのであろう。

再度鑑賞した際は、この作品の良さをもっと見つけられるかもしれない。

そのう私的には「ハンニバル」に出演してほしかった・・・

画像


画像


画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • パニック・ルーム

    Excerpt: その部屋は一度閉じれば何者も通すことはない。 2002年(PANIC ROOM) 製作国:アメリカ 監督:デヴィッド・フィンチャー 製作:セアン・チャフィン 脚本:デヴィッド・コープ 撮影:コンラッ.. Weblog: MOVIE-DIC racked: 2006-12-14 22:28
  • パニック・ルーム(02・米)

    Excerpt: セーフテイ・ルーム、別名パニック・ルーム。 越してきた家には非常事態に備えるための部屋があった。 突然の侵入者に思わずパニック・ルームに逃げ込んだ母娘(母:ジョディー・フォスター)。 そこから密.. Weblog: no movie no life racked: 2006-12-14 22:40
  • パニック・ルーム

    Excerpt: 【PANIC ROOM】2002年/アメリカ 監督:デイビッド・フィンチャー  出演:ジョディ・フォスター、フォレスト・ウィテカー、ドワイト・ヨーカム、ジャレッド・レト 事件の舞台は.. Weblog: BLACK&WHITE racked: 2006-12-15 00:02
  • 「パニック・ルーム」

    Excerpt:  2002年/アメリカ  監督/デビット・フィンチャー  出演/ジョディ・フォスター   「セブン」のデビット・フィンチャー監督、そして主演はジョディ・フォスター。この組み合わせなんだから、.. Weblog: It's a wonderful cinema racked: 2006-12-15 00:51
  • #534 パニック・ルーム

    Excerpt: 監督:デビッド・フィンチャー 製作:ギャヴィン・ポローネ、ジュディ・ホフランド、デイヴィッド・コープ 、シーアン・チャフィン 脚本:デイヴィッド・コープ 撮影:コンラッド・ダブリュー・ホー.. Weblog: 風に吹かれて-Blowin' in the Wind- racked: 2006-12-15 01:20
  • 映画評「パニック・ルーム」

    Excerpt: ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2002年アメリカ映画 監督デーヴィッド・フィンチャー ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2006-12-15 02:13
  • パニック・ルーム #558

    Excerpt: 2002年 アメリカ 113分 「家」がテーマ映画第二弾。 パニックルームとは、万一の際の秘密の隠れ部屋。最近では実際に売り出されていることも多いようです。話は4階建ての豪華住宅に離婚したばかりの.. Weblog: 映画のせかい2 racked: 2006-12-15 08:44
  • パニック・ルーム

    Excerpt: 評価 ★★★☆☆ 夫と離婚し、娘と新居に引っ越してきたメグ(ジョディ・フォスター)。 しかしその夜、3人の強盗が家に侵入してきた。メグは娘とともに屋内の緊急避難スペース「パニック・ルーム」.. Weblog: 羅夢の映画放浪記 racked: 2006-12-16 15:35
  • パニックルーム

    Excerpt: パニック・ルーム いやぁー久しぶりぶりの スリル&サスペンスで身体を硬~くして観れた映画だったぁー! サンクス D・フィンチャー! <ネタバレせぬぐらいのあらすじ> .. Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ racked: 2006-12-17 11:26
  • パニック・ルーム

    Excerpt: これまでに3回くらいTVで観ているはずなんだけれど、 何故かほとんど印象に残らない作品。 Weblog: シェイクで乾杯! racked: 2006-12-17 19:22
  • パニック・ルーム

    Excerpt: ジョディフォスター主演の普通のサスペンス映画。悪くはないです。ただ、何か足りないような気がします。一言でいえばスパイスが利いてないのでしょうね。 Weblog: しーの映画たわごと racked: 2006-12-22 09:46
  • パニック・ルーム

    Excerpt: 時間を潰さないとならなくて 映画の開始時間と丁度合ったので観ることにしました。 若い愛人のもとに走った夫と離婚し、 莫大な慰謝料と養育費を手に入れたメグは思春期の娘サラと 紐育の真ん中の高.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2006-12-24 14:54
  • パニック・ルーム

    Excerpt: 夫と離婚し、娘と新居に引っ越してきたメグ(ジョディ・フォスター)。しかしその夜、3人の強盗が家に侵入してきた。メグは娘とともに屋内の緊急避難スペース「パニック・ルーム」へと逃げ込み、難を逃れよう.. Weblog: 1-kakaku.com racked: 2007-01-12 20:06