守谷でランチ フレンチ「UZAWA」  (守谷市百合ヶ丘)

前から気になっていた「UZAWA」へ今日やっといってきた。

いろんな方のブログでみて、また自分でもよくその前を通るのでとても気になっていたお店だった。


とても綺麗なお店です。
モノトーンの洗練された外見同様、中もとてもシンプルで綺麗。
奥の大きめのテーブルへ案内されたが、壁の白がほんと美しく、おちつく。


お料理は2800円のBコースを選択。

メニューはプリティクスです。

前菜・スープ・魚・肉・デザート、それぞれ3,4種からチョイスできます。
とても豊富ですね。
私がお気に入りのつくばの「アンジェブリッサ」同様、この点とてもいいですね。



3名でいってそれぞれ好きなものをチョイスしました。
今回は写真は自身のものしか撮りませんでした。みんなそれぞれなので、大変なのでね。
せっかくのお料理もすぐにいただかないとね。



メニューも大いに迷ったのですが、なんとかチョイス。
いや~、これは楽しみだ!



前菜

海の幸のテリーヌ
画像


画像

うん、キレイだ。そして美味しい。




あっ、最初にドリンクはいかがですかときかれたので、私はグレープフルーツジュースを。
画像


あ~、このグラスですね。
おでかけ」のTorishin さんのブログで拝見したあれだ。

非常に薄くて、きれなグラスです。


パン
画像


画像


バターは手をつけてしまってからの写真です。
今、乳製品が高騰している中、バターが別料金でなく、でてくるのは非常に嬉しいですね。
冷えているし、その器もとてもいい。




スープ

コンソメスープ ズワイ蟹 イタヤ貝のロワイヤル仕立て
画像


画像


いい香りだ。温製のスープです。
ロワイヤル、そう、茶碗蒸しのようになっているやつ。






帆立のプロバンサル
画像


画像

これもとてもいい香り。
ソースも美味しい。






仔牛のソテー クリームソース

画像


画像

うん、肉も柔らかく、ソースもいいね、私はこのソース好きだ~。



私達は11:30分、開店と同時に予約をいれ、食べるのもはやいので、他にお客さんはまだいませんでした。
それでか(毎回そうしているのかな?)、同行人が頼んだ、米沢豚の香草パン粉焼きは、シェフがテーブルのところまでフライパンでジュ-ジューとそのたまらない香りと音を運んで、お皿にだしてくれました。
おっ、スゴっ。




デザート

メロンのスープ仕立て
画像


画像

これ、メロンのシャーベットかな、それと中にまるいメロンの玉が幾つも入っています。
美味しい。




コーヒー

画像


画像

このカップ、こういうのもいいですね。
そして、珈琲もいや~、うまいね。




感想は、大満足。

各お皿がとてもキレイで、美味しい。
味もけっして濃すぎず、それでしっかりと味がつけられていて、前菜も、スープも、帆立も、肉も全部とても美味しかった。添え物の野菜も甘いし、きちんと仕事がされています。
彩りも美しい。

例によって、料理の知識が全くなく、また語彙と表現力が乏しい私は、キレイと美味しいしか書いてませんが、ほんと大変満足なランチでした。



メニューも時期でけっこう変わるようだが、これだけチョイスできるのはいいね。
スープはトマトの冷たいスープがおすすめのようだが、今回は誰も注文しませんでした。
すみません。またちかいうちにお邪魔するので、その時にまだあれば是非!

画像





うん、これはまた必ず行くなっ!



そういえば、「アンジェブリッサ」も、しばらくいってないな~。
先日も行こうとおもったんだけど、貸切だったんだよね~。


しかし、この「UZAWA」も大変気にいったし、こりゃまた通うお店がふえたね。




あっ、あと私たちは何処へ行ってもそうなんですが、まず食べるのか早い(最近は意識してゆっくり食べようと心がけているのですが、ついつい・・・)、そして食べ終わるとサッサと店をあとにしてしまう。
いつもなんです。まあ、同行人がタバコを我慢しているというのもあるんですが。

なんか最後、席をたったら、もう行っちゃうんだみたいな感じをうけたのですが、いつもなんですよ。

私はお会計をしていたのですが、同行人は、サッサと店外へでてしまったので、シェフが表まで、挨拶にでてくれてました。当然、私にも。
そして、奥様でしょうか、表にたち車で駐車場をでていくのを頭を下げて見送って下さいました。
(満席だとああはいかないのでしょうが、いや、いつもなのかな、とても気分がいいものです。)

とても美味しかったですよ。また、伺います。








「UZAWA」

茨城県守谷市百合ヶ丘1-2489-1
0297-38-5255










この記事へのトラックバック