守谷でディナー フレンチ「UZAWA」  (守谷市百合ヶ丘)

先週の土曜日に守谷の「UZAWA」にディナーを食べにいってきた。


すっかり気にいってしまった、この「UZAWA」。
はやくも2回目。

つくばの「アンジェブリッサ」も大変お気に入りで、顔も覚えてくれているので行きたいのだけど、最近いってないな~。
ちょっと遠いんですよね。ガソリンがこう高くなってしまうと、すこしでも近くでとなってしまって・・・。
まっ、6月に一度いこうとしたら貸切だったんだけどね。
まっ、ちかいうちに必ず行きますよ~。



おっと、話を戻します。
この日は、入店直前に雷が鳴り始め、どしゃぶりになったのですが、店内に入るとすでに2組のお客さんがいました。

席につき、まず飲み物を注文。
この日も熱く、喉がカラカラ。
フレンチなんだけど、ここはやっぱり一杯、生ビールでしょう。

そして、お料理を注文。
今回は、5000円のコース。
アミューズ・アントレ(オードブル)・ドゥジェム(2皿目のオードブル)・スープ・ポワソン(魚)・ヴィオンド(肉)・デザート・プチフール(小菓子)とコーヒー
すべて3品以上のプリティクスです。

まず、アミューズ。
これはすべて同じで、

「フランス ラングドッグ産オリーヴとバイヨンヌ産生ハム」

画像

これ、美味いですね~。生ビールに最高です!


しかもこれ、客席のひとつをつぶしてホールに生ハムをおいて、客の目の前で切り分け、皿にもってくれるのです。
画像

最初は何かとおもいました。
これがその生ハムです。




オードブル(1皿目)

「パテ・ド・カンパーニュ」

画像





生ビールをのみほし、グラスで赤ワインを。
画像

ライトで非常に飲みやすいワインです。




オードブル(2皿目)

「バスク豚のパイ包み焼き」

画像


画像






スープ

「トマトの冷たいスープ」
画像


お店おすすめのスープ。

これ、よくお邪魔する「おでかけ」のTorishin さんおブログでみていたのですが、実際にみるとやはいけっこう衝撃ですね。

トマトなのに透明。赤くない。

興味津々でスプーンをいれてみると、当然コンソメのようにサラサラだと思いこんでいたのですが、なかにゼリー状のものがはいっており、なんとコッテリ感!

口にはこぶと正しくトマト!

ピンクのトマトのムース、そしてドライトマトがはいっています。
そしてどれもあま~い。

う~ん、ちょっとアングルが悪いですね。反省。もっと上から撮ればよかった・・・。

とにかく、これは美味しいです。
フレンチではつかう手法らしく、先日フレンチ上がりのラーメン店の主人がやはりトマトをこしたスープをベースにしているのをTVでみました。


デザートのときにシェフがルバーブをもって席にきてくれたのですが、その時にこのスープについて尋ねると、
丸2日間かけて、2段階で液を抽出するそうです。そうすると透明になるんですね。

非常に手間のかかった、そして美味しいスープ。


同行人もほんとおどろいていて、赤いポタージュだと思いこんでいたらしく、次回は必ずこれにする言ってました。








「本日の鮮魚 シェフのスタイルで」

メダイorイサキor宮城産 銀鮭からのチョイスですが、私はメダイで。

画像








「仔牛のロースト」

画像






デザート

「ルバーブのムース」

画像







竹炭コーヒーと小菓子

画像


画像


画像


画像




どれも美味しくいただきました。
そして、肉や魚も当然美味しいですが、添え物も美味しく、野菜がほんと甘いですね。

ルバーブのムースもよかった。


アミューズから最後の小菓子まで、ほんとに目で楽しみ、舌で楽しんで、非常に楽しい、そして美味しい時間を過ごせました。



今回、すべて前回と違うメニューをチョイスしましたが、まだまだ注文したい皿がありますね。
それは次回に。その時はメニュー変わっちゃうかな・・・。
それはそれで楽しみだ。




最後、シェフと奥様かな、外で見送ってくれました。
また、伺いますよ!







「UZAWA」

茨城県守谷市百合ヶ丘1-2489-1
0297-38-5255







この記事へのトラックバック