「ジョー、君はどこに落ちたい。」   samurai-kyousuke さんの記事に刺激されて・・・

私がよくおじゃまするブログ、samurai-kyousuke さんの 「samuraiの気になる映画」で、

この 「ジョー、君はどこに落ちたい」とのブログタイトルを目にして、懐かしいおもいと、鮮明にこのセリフを覚えていること自身で認識させられた。

そう009で、ジェットがジョーに言うセリフ。

画像




私もおもわずパクリというか、同じ記事を無性にうちたくなってしまった。


記憶がハッキリとしてはいないのだが、このセリフは明確に覚えている。
そして、最後彼らが流れ星になるのも・・・。


私は原作で読んだのだが、子供ながら非常に心に突き刺さるラストであった・・・・。




「サイボーグ009」 原作 石ノ森章太郎



「ごらんよ。009。宇宙の花火だ。“黒い幽霊団(ブラック・ゴースト団)”の最後だぜ。」

「……」

「しかし、どうやら僕らも最後らしいよ。」

「え?」

「ロケットのエネルギーがもうあまりないのさ。重力の脱出に手間をくってね。すまんな。009。折角助けにきたのにさ。」

「002。この手を離せ。離してくれ。君一人なら助かるじゃないか」

「そうはいかないよ。僕らは約束したじゃないか。死ぬ時は一緒だと」

「だめだ。ジェット。ムダ死にしては。」

「おっと、もう遅い。大気圏突入。

     ジョー、君はどこへおちたい。」


流れ星になる二人。

(地上では)

「あっ。ほら。あれ」

「流れ星。」

「きれい。」

「うん。」

「カズちゃん。何を祈ったの。」

「えへへ。おもちゃのライフル銃が欲しいってさ。」

「まあ、あきれた。」

「じゃ、おねえちゃんは?」

「わたし?わたしはね、世界に戦争がなくなりますように。

 世界中の人が仲良く平和に暮らせるようにって、祈ったわ。」 











子供の頃、原作は単行本でだが夢中でよんだ。

TVも、私はさすがに白黒のは覚えていないが、上の“誰がために”が主題歌のアニメはみたな~。



なんか、平成版もあるらしいね、知らなかった・・・。







追記


このラスト、日テレの「深イイ話」でもとりあげられたらしい。




感動しないバカもいるようだが、そして小島よしおのような論外な奴も・・・・。
まあ、バカはほっておいて(私もクサいのは大好きなのでね)、

やはり多くの方がおっしゃているように、日本漫画史上傑作のラストであり、主人公のそれではないが名セリフであると思います。












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのトラックバック

  • 「どこ落ち」考

    Excerpt:  はやぶさが帰還した折り、大気圏へ再突入して燃え尽きるその姿を見て、 「家中の兄弟が仲良く平和に暮らせますように」 と祈った父です。  なにそれと秋月が言いますので、「サイボーグ009 地下帝国“ヨ.. Weblog: 日々雑感II racked: 2011-01-27 13:32