石和への旅 ~ 糸柳別館 離れの邸「和穣苑」とケーキハウス ミサワ

7月の11日 土曜日に石和温泉へいってきた。

清光園だったところが、

糸柳別館 離れの邸 「和穣苑」としてリニューアルされたそうで、泊まってきた。


新宿から特急かいじで石和温泉駅までは90分。

13時頃に到着。

電話をして、宿から駅に迎えにきてもらう。
駅からは車で5分。

画像


まだチェックイン時間には早いので、とりあえず荷物をあづけ、ロビーでお茶をいただく。

画像


画像


画像



お茶をいただき、一服したのち、近くのケーキ屋さん「ミサワ」に行ってみる。
ネットで調べて美味しそうだったのと宿から200m位の位置で近いので、行こうと決めていた。

のんびり歩いて5分位で到着。


画像


画像


綺麗な店内、若い女性の店員さんが大勢います。
カフェメニューもありますが、われわれはショーケースに並ぶケーキから好きなものをチョイス。

値段400円くらい。手頃です。

画像


画像


画像


画像


のんびりと珈琲と美味しいケーキをいただき、宿へ戻る。


まだ、14時くらいだが、早めに部屋へ通してくれた。

本館をぬけて、離れへのアプローチ。
画像


画像


画像



部屋は露天風呂付きの離れ「金峰」。

画像



画像


画像


画像



庭園がある落ち着いた和室。

画像


庭の隅に露天風呂も。
画像


画像


画像


画像


画像


とてもよさそうな露天風呂だ。


まずお茶をいただく。
画像


石和らしく、桃の香りがする紅茶。
とても美味しい。

画像

糸柳 自家工房の黒砂糖かすてら。


画像



冷蔵庫にはビールが4本。
画像

なんと違う銘柄が1本づつはいってます。
これはたまらん。

そしてミネが2本。あとグラスが冷やしてあります。
あとは何もはいっていません。
飲み物を入れられます。

これがもう今時ですね。
わざわざ高い宿の冷蔵庫の飲み物を飲む人はそうないないです。
とくにこのような町中にある宿はコンビニもちょっと歩けばありますしね。

写真の左端にみえるコーラ缶は持参していったものです。

夕食時は生ビールを注文しましたが、あとは結局ビールも持参した発砲酒ばかりのんでました。
ただ、あとになってみると結局仲居さんが冷蔵庫のチェックは一度もしなかったので、あのビーる4本も料金はとらなかったみたいです。

画像

コーヒーもドリップオンが用意ひとり2杯分用意されています。


画像




一休みして、大浴場へ。
画像


回廊を渡り、本館、ロビーをとおり大浴場へ。

一番のりですね。

画像


小さいけどなかなかいいお風呂です。
客室数を考えれば十分ですね。


画像


画像


大浴場にはバスタオルもタオルもあるので手ぶらでいけます。


のんびりとお湯に浸かったあと、ロビーでまったり。

画像


画像


冷たい小さめの缶ビールと桃のジュース。
それに麦茶も飲めます。

またワインも。
画像



さらにはオレンジジュースとグレープフルーツジュース。
画像


暖かいお茶も用意されています。
画像


画像


これはなかなか充実していますね。



当然、私はビールを!

画像


うまいっ!

湯上がりは冷たいビールだよね!


そして飲んべえの私は、もちろんワインもいただいてみる。
画像


飲みやすいワインですね。


ロビーでまったりと湯上がりのお酒を楽しんで、部屋へ戻る。


しばらくして、部屋の露天へ。
そしてまたまた湯上がりビール。
画像



和風旅館なんで、ウォークマンでアジアの歌姫テレサ・テンをききながら、風呂につかり、ビール!
最高だね~。


再び部屋をでて、ロビーへ。
画像


画像


オレンジジュースを飲みながら、庭を眺める。
画像


画像


忙しい日常を忘れて、まったり。
いい時間だ~。

こういう時間は必要だね。


この和穣苑は、以前あった清風園という旅館からリニューアルしたもの。経営もちがうのでしょう。
外観などはもうふるいかんじですが、古いところがみえながらもとても綺麗にしており、高級旅館であったことは随所に感じられます。

それを糸柳が別館として、和穣苑としたのでしょう。

二階建てですが、今は使用している部屋は一階だけで、本館も含め全10室。
とても落ち着いた大人の宿です。




さっ、また部屋にもどって露天に入ろう。


そしてもうすぐ夕食だ~!







和穣苑 (旅館 / 石和温泉)
☆☆☆☆ 0.0



個人的に点数による評価は辞退しております。
私はせっかく訪れたからには基本そこを楽しむよう心がけておりますので。
(よほど気に入らなかったり、問題がなかったりしない限りはね。)


何もせずにのんびりと過ごすにはいい、大人の宿です。


ただ、あえてこまかな点をいくつかあげると、まず洗面所にコンタクト用の皿が用意してあるのはいいが、抜き栓がなく、洗浄時に流してしまう恐れがある。

また、バスロープやタオル類が入っているカゴがあるが、脱衣用のカゴが別にほしい。
トイレはウオシュレットでいいのだが、中に小さな手洗いがあるとベスト。

細かな点はいくつか気になりますが、仲居さんも若いながら接客もよく、宿の方が皆、気分よく接してくれました。
必要以上に干渉しない点もかなり好感がもてます。
サービスはいいです。



料理も美味しいです。
詳細は記事の続編にて。




 『続・石和への旅 ~ 糸柳別館 離れの邸「和穣苑」


 『続々・石和への旅 ~ 糸柳別館 離れの邸「和穣苑」』
  






















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのトラックバック