29年ぶりの再会・・・。 2010年2月28日 アリス in 東京ドーム (つづき)

※本記事は、前記事からのつづきです。

前記事からお読み下さい。


前記事  


  『29年ぶりの再会・・・。 2010年2月28日 アリス in 東京ドーム






(つづき)


コンサートも行った。
初めて言ったのは、あの武道館7日間公演。

「限りなき挑戦」

あのHand in Handのライブである。

画像


画像


画像



画像


画像


画像


画像


画像


画像

このエンブレム・コンサートは一緒に行くはずの友人が行けずに一人でいった。

画像


画像


画像


画像


画像


画像




チンペイさんのラジオ、「青春大通り」「青春キャンパス」、
そして、FMでのライブ放送など夢中で聴き、エアチェックした。


この何年かは、まるっきりアリスにはまった。
それ故に、あの活動一時停止、一般には“アリス解散”と報道されたあの出来事は衝撃だった・・・・。


私は場合はファンになったきっかけが特に、あの二人の男臭いハーモニーと歌声であった。

『栄光への脱出』のスナイパー~つむじ風

『限りなき挑戦』のWild Wind ~野性の疾風

『3606日』のLIBRA 荒ぶる魂

冬の稲妻・涙の誓い・ジョニーの子守唄・愛の光・青春の影 など、これらのあの男臭い歌い方。あの二人のハーモニー、歌声。
カッコイイ!!

これが私がアリスにはまった最大の理由であった。

その後、彼らの人間性そして、優しい語り口、また静かな曲、初期の頃の『走馬燈』『黒い瞳の少女』などもすきで全てが好きになり、夢中になった。



そんな私からすると、あの当時のまだ若い力強い彼らの歌い方が耳にしみこんでいる私からすると、
最近の彼らの歌には、当然当時と違う歌声にはテレビなどで聴いていて、嬉しさと懐かしさを感じると同時に、正直、違和感というかな、なんというのか複雑な想いを感じたいたのが事実。

だが、やはり生でその迫力とあの歌声を聴くと、そんなことなど感じさせない感動であった。



休憩のはさんで二部構成のこのコンサート。

第二部、スクリーンにあの29年前の11月7日、コンサート直前、後楽園の通路をあるく3人が映し出された。
そして、グラウンドに出る後ろ姿のあと、映像が今に切り替わり、アリーナに3人が現れた。

そして、あの冬の日と同じ位置につくられた、今度はお客さんが溢れるアリーナの中央に設置された丸いステージに3人だけで彼らはたった。
そして、3人だけで歌いはじめた。

そう、あの日の、今度は冬の日の、
正しく29年ぶりの再現・・・・・・。


一部同様、二部もすぐに時空を超え、あの日に戻った・・・・。




そして、ソロの途中でバックスクリーン前のステージに戻り、コンサートは最高潮へ。







昔からのファンの方も新しいファンの方も、夢中で、年配のご婦人なども若い頃を想い出してか、夢中で拍手をされていた。

そんな中、私は、今、夢中でおっかけていない分、
29年ぶりの生アリスと逢えたこと、ここに帰ってきたという年月の長さからか、
なにか違うものを、熱気にあふれたドームの中で、一人静かに感じ、そして想っていた、
静かな曲も、激しい曲も。


昔、彼らは言っていた。

“60になって冬稲はキツイね。”

“そうだね。”

“まず、立って唄えないでしょうね”

それが今、目の前で歌われている。


私は、熱気あふれるドームの中、
夢中ではあるのだが、何か一人自分の世界の中にいた。
静かに、熱く、一緒に口ずさみながら、拍手をすることなど忘れて、時空を超えた懐かしい想いと当時とは違う彼らのライブ、何よりも気取らずに、楽しんで歌っている彼らの姿に妙な新鮮さを感じながら、アリスの歌声に、
ひとり、夢中で、
まさに夢中で聴き入っていた・・・・。



そして、涙が何度も頬をつたった・・・・・。






全36曲。

途中ゲストも交えて休憩をはさみ二部構成で4時間近く行われたこの東京ドーム、いや、後楽園での約束のステージ。
夢中だった。

正に、夢の中にいるような、29年ぶりの時空をこえたステージ。

そう、それはまるで夢のようだった・・・・。





そして、夢からさめてあらためて私は、こう想った。


    
  『おかえり、アリス・・・・・。』







画像






まあ、正直いうと2009年のツアーは発売日をうっかり忘れるなど、行くことができなかったのが本当のところだが、
やはり、この後楽園は特別なものが、私のように当時の夏と冬の最後のコンサートへ行った者にとって、そしてアリスにとっても特別な想いがある。

もちろん、全てのファンの方が、あの後楽園には行けなかった方も含め、それぞれの熱い想いでこのコンサートを楽しだであろう。

だが、やはり、私を含めあの場所にいた者には、感慨もひとしお。


あの年、あの日に止まってしまっていたある種の時間が、
昨日やっと動き出した・・・・・。




そう、この後楽園での東京ドーム公演は、
29年前とつながる、正に時空をこえた夢のステージ、

               そして、あの日からの、約束のステージだった。













ALICE ALIVES ラスト・コンサート完全盤(コンプリート)
プライエイド
アリス

ユーザレビュー:
ファンなら買うべし! ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

アリス・ラスト・コンサート完全盤(コンプリート)~アリス3606日/3人だけの後楽園~
ポリスター
アリス

ユーザレビュー:
ALICE ALIV ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

さよならコンサート-後楽園ライヴ- [DVD]
EMIミュージック・ジャパン
アリス

ユーザレビュー:
あまり見たくないシー ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック