「お宿うち山」(伊豆高原) 食事編

夕食前に、何度も温泉につかり、日頃の疲れがすっかりとれ、癒された。

さあ、いよいよ夕食です。



夕食は、食事処で。

画像



食前酒
画像

冷酒、辛口でさっぱりしています。非常に飲み口がいい。


画像



ここ「うち山」は、店長の成田さんも言ってましたが、普通ではなかなか手に入らない日本酒を取り揃えています。
日本酒好きにはたまらないでしょう。

だが、残念ながら、私は日本酒だけが苦手なんですよ。

そして、基本ビール党。
という事で、生ビールをここでも注文。

画像





さあ、いただきましょう。







先付

 蕗の薹豆腐 北寄貝 山葵
 草蘇鉄 蕗の葉白扇揚げ
 美味出汁

画像


画像


当然ながら、お汁までいただきましたが、お品書きに美味出汁と記述してしまうあたり、すごいですね。




前菜

 鴨深谷巻 楤芽衣揚げ
 細魚蕨 蟹利休焼き
 生海月吉野酢和え
 甘海老烏賊酒盗漬
 白魚三色揚げ
 蛤桜花蒸し

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


綺麗です。
そして、当然美味しい!

特にこの甘海老烏賊の酒盗は酒のあてには最高ですね。




御椀

 蛤真丈 菜の花 若布
 木ノ芽 干子

画像


画像


画像



この蛤真丈の椀ものは最高でした。
味付けが実にいいっ!

店長の成田さんが仰ってましたが、やはりお料理の軸は椀物にあると。
彼もかなりの食通で、様々な日本全国の料理で評判の宿、そして東京のお店などかなり訪れているようで、
いい感じで料理がすすんで、期待していると、椀物でがっかりする店も多いとか。
それで、ガッカリしてしまうと。

その点、やはりここ、「うち山」は、料理の質は、かなりのレベルである。
とても、美味しい。

そして、器も一級品。

たしか、この椀だったよな。
成田さんが、8万円するといっていたのは。

全体の写真を撮るんだった・・・・。





お造り

 鯛 魴鮄 縞鰺
 莫大海 花穂 紅蓼
 桜草 山葵

画像


画像


画像


画像


白身の三点盛り。
これ、へたな演出もなく、サラリとだしてくるあたり、かなりの自信ですよね。
私は、料理というのは、目でも楽しませる必要があると考える人間ですが、(もちろん綺麗なだけで美味しくないのは問題外ですが、)このシンプルさも逆に新鮮ですsね。

とても美味しい刺身でした。

醤油も料理長が薄めた特製の醤油と、もう1種類。
これ、詳細をわすれた~。

ああ、たまにはこういうのを漬けて食べるのもいいものだなと思ったんですけどね。なんだっけ・・・。

でも、私は普通の、まあここは料理長特製の醤油でしたが、やはり刺身は醤油でたべるのがいいね。
基本、私はそんなに醤油をつける方じゃないし。

刺身に関しては、私はこだわりというか、へんに味をつけるのが嫌いなんですよ。
刺身とは魚そのものを楽しむ事だと思っています。
故に、山葵とちょっとの醤油だけでいい。

職人さんには怒られるかもしれませんが、私はヅケも嫌いでね。
それが仕事、寿司などは職人として仕事したものがその店の味なのでしょうが、私は鮪などはそのまま食べたい。

もちろん、穴子のツメや、〆鯖などは大好きですが。



とにかく、これも最高のお造りでした。





旬の皿

 鰆柚庵焼き 蚕豆白和え
 酢橘 はじかみ

画像


画像


この鰆も美味かった。
とてもいいっ。




強肴

 てっぱい 

 金子 鳥貝 分葱 蕨
 玉霰 大徳寺麩

画像


画像


画像






煮物

 白魚鍋
 豆腐 葱 三つ葉

画像


画像






御飯

 天城軍鶏御飯 筍
 グリーンピース

止椀
 
 赤出汁仕立 滑子

香物

 菜の花 山牛蒡 長芋

画像


画像


この御飯、美味しかったですね。

もちろん、赤出し、漬け物も美味しかったですけど、御飯は本当においしかった。




水菓子

 静岡産紅ほっぺの苺アイス
 桜羹 黒豆 網笠柚子 
 バラフ

画像


画像





堪能しました。

本当に美味しい!


料理を楽しみに毎月くるというリピーターがいるというが頷けます。





ただ、料理と店長のサービス、それは文句ひとつないのですが、やはり癒し空間である宿として、
これが3万円台の宿なら、あの部屋とこの料理内容でとても素晴らしいのだが、ここの花の宿泊料からすると・・・・。


私は食事処にいったときに最初に正直がっかりした。

こんな、居酒屋のボックス席に毛がはえたようなところで・・・・・。


奥に座った私には直接配膳できずに、手渡しでおこなうような状況・・・。



そのあたりがね、ちょっと残念・・・・・。

あと、量がね。
私にはちょっと足らないかな・・・・。

朝の御飯を美味しく食べていただくために夜食もないという店長の説明。

私はあとで部屋で、東京駅でかった崎陽軒のシウマイを食べてしまいました。


あと、本当にこの成田店長は食には詳しいですね。
そして、本当にあちこち行ってらっしゃる。

店長に、私も以前から気になっていた飯坂の「御宿かわせみ」の料理も素晴らしいと勧められました。
今度、是非訪れたいと思います。



本当に、料理は最高。





画像




画像

月が綺麗。


夜の露天も最高ですっ!





















この記事へのトラックバック