取手物語〜取手より愛をこめて

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤマト復活編を鑑賞・・・・

<<   作成日時 : 2010/12/06 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ヤマトの復活編とやらを今、鑑賞している。


う〜ん、画やメカニックデザインなどは進歩しており、今時らしいのだが、ダメだ〜。


オールドファンの私には。


古代の顔じゃない。声じゃない・・・・・・。

こんなものが去年?つくられていたとは・・・・。

もう、実写版の前に、これがもう、私にいわせればヤマトじゃない。

これをみていれば、実写版ももう少し・・・・。

いや、でも、実写版はイスカンダル編ですからね、1作目の・・・・・。





私は完結編とやらもきちんと鑑賞してはいない。

ダメでしょう、沖田艦長が生きていた?
もう、子供時代の想い出を壊すのはやめてくれ〜。


ヤマトVも、よくおぼえていない。
みていたんだろうか?

でも、ガルマン・ガミラスは憶えている。ということはみていたのか・・・。





『永遠に』

これも、このときはもう劇場には鑑賞しにいってません。
あとで、TVか、ビデオでみたはずなのだが・・・・。

よく憶えていない・・・。





やはり、私の中で、裏切られたとう想いながらも、まだなんとか夢中でみていたのは、

TVの『新たなる旅立ち』までだね。






で、本音としては、私があくまでも個人的な想いとして、
正式なヤマトだと想っているのは、


前の記事でも書いたとおり私にとってのヤマトは2作品のみ。


TVの1作目の26話

と、

劇場版の『さらば』のみ。



ここで、ヤマトは古代・雪とともに最期を、愛する人を、地球を守る為に、最期をむかえたのです・・・・・。





でも、子供心に、裏切られたと、何でだと、あれは一体なんだったんだと、
想いつつも、

またヤマトが観れるのは嬉しくもあり、自分の中で疑問がありながらも、

ヤマト2、『新たなる旅立ち』はそれなりに楽しんでみてました。


気持ち的には、『新たなる』のが、まったく新しいスト−リーだったので、新鮮にたのしめましたね。

2は、『さらば』の所謂別バージョンだからね、これでパラレルになってしまった。
なので、私は映画との違いを文句を言いながら楽しんでいたという非常に複雑なものでしたからね。

だが、最後にはヤマトや古代たちも無事で内心はちょっと嬉しくもあったというのが本音です。

ふっ、矛盾ですね〜。

これが複雑なんですよ。





でも、その後の無理矢理の展開で作り続けるのをみてしまうと、
やはり、

『さらば』で終わったんだと、

あの子供の時に流した涙、感動が本物だったのだと強く感じます。



















『さらば』で流した涙を、


感動を、


なんてことしてくれるんだ。




もうやめてくれ・・・・・・。

















宇宙戦艦ヤマト復活篇オリジナルサウンドトラック
EMIミュージックジャパン
2009-12-16
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 宇宙戦艦ヤマト復活篇オリジナルサウンドトラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [DVD]
バンダイビジュアル
2010-07-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

厳選記事

ヤマト復活編を鑑賞・・・・ 取手物語〜取手より愛をこめて/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる