回想・添乗員日記  

昭和6○年 商工会関係団体の伊豆・伊東温泉への1泊バス旅行

まあ、観光というよりは、いわゆる宴会旅行である。



 
バスは長年使用している我孫子にあるT武の傍系のBバス。

バスの運転士はベテランのNさん。
ガイドは、まだまだ新人のX。

添乗員として、左側最前列にひとりで、すわっていた私。
右側の運転士のすぐ後ろには同級生でもある職員のI君。


バスの旅は順調で、真鶴新道から熱海へ入った。

もうすぐ、つるやホテルの前、「お宮の松」前にさしかかるころ。


お客の見えないところで台本を広げながら、説明を続けるガイド。


私はI君と雑談をしていたところ、信じられない言葉が耳に。


I君も、会話をさえぎり、私に向かって真顔で、

『おいっ!!』



そう、バスの中に聞き慣れない、信じられない音が・・・・・・。




ガイドの声で、

『尾崎紅葉の「きんいろやしゃ」で有名な「お宮の松」・・・・・・・。』




私はすぐに席をたち、前方のステップにたち説明をするガイドのわきに降りる。

『「こんじきやしゃ」だよっ!』

小声で叫ぶ。
わかります、この表現、心情・・・・。



のちに台本をみると、『夜叉』にのみルビがふってあった・・・・・。







私はいや~な汗が体中から噴き出してきた。

そして、思った。


よく、Nさんは事故らないものだな・・・・・・。







その夜の宴会で、別の年配の職員から、

『おいっ、あのガイド、もっと勉強させろっ!』


と、散々絡まれた・・・・・・・。






旅行とは、全てうまくいって当たり前。
お客様が楽しんで、想い出をつくり、無事かえってくることが最大の喜び。

だが、
自身の失敗もふくめ、旅行中にはさまざまなことがある・・・・・・・。

なかには、自身ではふせぎようのないことも・・・・・・。



事実とはコントよりも恐ろしい・・・・。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック