新年に誓う、最大余震への備え・・・

元旦早々、地震がきた。


うそかほんとか、M9ではM8クラスの最大余震がくるという・・・・。

きてほしくはないが、暖房が全部電気の我が家は灯油のストーブをひとつ購入した。
停電に備えてである。


テレビなどもワイヤーで固定したが、果たしてM8に耐えられるのかどうか・・・・




災害は忘れたころにやってくるというが、ここ何年かは去年の悪夢の経験を、無駄にすることのないよう対応したいものである。あらゆる者、機関、組織が・・・・・・・



復興に水をさす気はないが、

備えあれば憂いなし  と言う。


二度とあのような悲劇はごめんだと、現実を否定するには愚かでしかない。


まあ、地球の薄皮一枚の上に存在する人間がどれだけ自然の驚異に対応できるか、それをかんがえると無駄な抵抗ともおもえるが・・・・・

原発のような、人災による拡大被害はごめんである・・・・・


とにかく復興を考え、進めるということは、同時に、いやそれ以上に、危機に対しても注意と警戒をはらうことを含むのである。









新年を迎えて、まず最初に想ったことである・・・・・・





さあ~、「相棒」も見終わったし、さらに酒を!

正月だよ、正月!!


めでたい、めだたい!







この記事へのトラックバック