「ヒューゴ」

人の想いとは様々。

だが、本ブログで繰り返し述べているように、私個人の想いは頑なである。

人にどういわれようと、人はどう想うと、私のその想いは絶対に変わらない。


そう、映画とは娯楽である。

芸術なんかではない。

単なる娯楽。観客を夢の中へ連れて行ってくれる、観客を楽しませるためだけにつくられれるべき娯楽。

それが映画職人への最大の讃辞であり、職人がもとめるべきものであると私は信じている。

そう、映画とは所詮、娯楽。それ以外何者でもない。



このところ、かなりの数の映画をDVDや劇場で鑑賞している。
もちろん、私の好みの中で。

ブログ熱が一時より醒めた私に、記事を書かせるほどの感動をくれる、心に響く作品は残念ながらない・・・・・。



だが・・・・・
そう、アクション好き、ミステリー好きの私が、

久々にある映画に、そのストーリーに、映像美に、世界観に魅了された。







久々に映画について一言だけ、


その作品は『ヒューゴ』。


「久々に、真の映画を、正に娯楽をみた。」











スコセッシが、ファンタジーを撮るとは・・・・・・










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのトラックバック