テーマ:松田優作

この日彼は、伝説になった・・・・。

ブログを始めてもう4年目。 また、この日を迎えました・・・・。 1年はホントに早いものです。今日の記事は毎年のことですが、、決まっています。 「この日彼は、伝説になった・・・」 男が愛した1件のバーがある。 下北沢のバー、「LADY JANE」。 彼はい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この日彼は、伝説になった・・・・・。

ブログを始めて3年目。 また、この日を迎えました・・・・。 1年はホントに早いものです。今日の記事は一昨年、そして昨年同様、決まっています。 男が愛した1件のバーがある。 下北沢のバー、「LADY JANE」。 彼はいつも片隅でバーボンを飲んでいた。 オールド・クロウ、そしてアーリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

優作のいい “相棒”  ~水谷豊

以前もブログで書いたが、日本で特に好きな俳優が四人いる。 高倉健、渡瀬恒彦、萩原健一、松田優作。 厳密にはショーケンは歌手だが、俳優としても私は好きだ。 この面からいうと、私には『南極物語』はたまらない映画だった。 そう、健さんと、渡瀬君の共演! 映画の内容もよかったが、この二人が同時に見られることが私にはたまらな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この日、彼は伝説になった・・・・、松田優作。

1年は早いものです。今日の記事は昨年同様、決まっています。 男が愛した1件のバーがある。 下北沢のバー、「LADY JANE」。 彼はいつも片隅でバーボンを飲んでいた。 オールド・クロウ、そしてアーリー・タイムズ アメリカの酒である。 職業、俳優。 名前は・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昔みていたTVドラマ  『俺たちの勲章』

最近、仕事が忙しく映画(DVD)を鑑賞する暇もない。 家に帰って、酒飲んで、ぼ~っとTV見ている内に寝てしまう。 記事の間隔も空いてしまうので、昔みていたドラマでも想い出してみる。 日テレの刑事・探偵ものは大好きだった。 ショーケンの『傷だらけの天使』もいいが、優作が好きな私はこのドラマがすきだった。 『俺たち…
トラックバック:1
コメント:21

続きを読むread more

「アーリータイムズ」 ボトルナンバー#116 優作、最後のボトル

「アーリータイムズ」。 バーボン・メーカーの大手、ブラウン・フォーマン社の看板商品。 工場は現在、ケンタッキー州最大の都市ルイヴィルのはずれにある。 初期を意味するその名は、1860年にバーボン郡で生まれたブランド。 その特色は、蒸留所が新たに育てた酵母を使い、低温発酵で熟成も温度や湿度の調整可能な貯蔵庫で能率的に行…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

優作が愛した酒~「オールド・クロウ」

シンボル・マークはカラス。 名前の由来は創立者のジェームズ・クロウ。 スコット・ランドから渡った彼は、1853年にフランクフォートで蒸留をはじめた。現在では一般的となったサワー・マッシュ製法の元祖ともいわれている。 ラベルにも『THE ORIGINAL SOUR MASH』とある。 フランクフォート産のバーボンは土地特有の味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

優作とショーケン 

日本で好きな俳優が4人いる。 高倉健 渡瀬恒彦 そして、松田優作と萩原健一。 一番好きなのは、優作だが、ショーケンもいい。 ハッキリ言ってイッてしまっている。それこそショーケンだ。歌もいい。「愚か者よ」等、マッチのとは比較にならないほど最高である。シャウトするそれがショーケンだ。 最初単発ドラマでのちに連続化した…
トラックバック:6
コメント:1

続きを読むread more

危険を買う男

工藤俊作は、ある日女弁護士 相木まさこの調査を依頼される。依頼どおり調査をすすめる工藤はやがてあるビル火事がこの依頼に関係していることを知る。その火事は保険金目的の組織がからんだ放火であった。 「探偵物語」の第3話。賠償美津子が女弁護士役で出演(彼女は準レギュラーというかその後数回登場する)。 赤いコスモが印象に残る回。ラス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蘇る松田優作

今、TVで優作の特集をしていた(来週も続くようだが)。 私の最も好きな俳優である。 「太陽にほえろ!」「俺たちの勲章」、「大都会パート2」「遊戯シリーズ」「金狼」「野獣」「家族ゲーム」「ア・ホーマンス」「それから」その他、優作の作品は何度も見ている。中でもやっぱり「探偵物語」! 何度みたことだろう。当時、ガキのくせに黒…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more